ブログ

弁護士ブログ/窃盗と詐欺

今回は刑法についてのブログです。

最近、といっても数ヶ月前ですが、被害者から銀行カードを手に入れた特殊詐欺の「受け子」が「詐欺罪」ではなく「窃盗罪」で逮捕されたというニュースが目に付きました。

どうやら詐欺のやり口が変わってきた影響のようです。

 

「窃盗」と「詐欺」の違い

「窃盗」と「詐欺」は,どちらも財産に対する罪として,それぞれ刑法第235条,第246条に定められています。条文自体は下記のとおりです。

 

第二百三十五条 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

第二百四十六条 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

(略)

 

詐欺の特性は「欺いて」「財物を交付」させることにあります。単に騙すだけではなく,被害者が自分の意思で財産を相手に渡さなければいけません。特殊詐欺の関係では,例えば受け子が他人のカードを使ってATMからお金を引き出す行為は,窃盗になります。相手はATMで、人を騙してお金を払わせたわけではないですからね。

このあたりはややこしいので、刑法の試験問題でも頻出の分野です。

 

 

特殊詐欺の方法

では、なぜ特殊詐欺の受け子は「詐欺罪」ではなく「窃盗罪」で逮捕されたのでしょうか?

以前よくあったキャッシュカードを騙し取る特殊詐欺の手法は、被害者に対して「カードが犯罪に使われている」「カードを預かる必要がある」などと伝えて、被害者から直接キャッシュカードなどを受け取るものでした。この場合、被害者には受け子に対してカードを渡す意思があるので「財物を交付させた」ということができます。

ところが、これが報道されるようになったため、最近は、キャッシュカードを事前に封筒など中身が見えない入れ物に入れさせて、隙を見てこっそり偽物とすり替えるという手口がでてきました。「渡すわけではないから大丈夫」と安心させてしまうわけです。

この方法では、被害者は「受け子」に対してカードを渡そうとは思っていないので、詐欺罪は成立しません。本人の意思に反して財物を取ってしまったということで、窃盗罪の問題になるのです。

 

 

特殊詐欺はなんとか被害者を騙そうと、あの手この手を使います。その工夫は刑法的には「詐欺」ではない方法も含まれるほど、なんでもありです。

自分は大丈夫、特殊詐欺については知っているから大丈夫、と安心しないように気をつける必要があると言えるでしょう。

 

 

ちなみに、窃盗罪と詐欺罪の法定刑に大きな違いはありませんが、窃盗罪を繰り返すと「常習累犯窃盗」と呼ばれるより重い罪に当たる場合があります。こちらは3年から20年の懲役という非常に重い刑が定められています。

リーフレット発行のお知らせ

このたび当事務所は、中小企業様向けリーフレットを作成・発行致しました。

複雑化する現代。貴社の更なる成長のために、ぜひ弁護士顧問契約をご検討下さい。

詳しい説明をお聞きになりたい方は、お気軽に当事務所へお問合せ下さい。

 

『顧問契約で、いつでも気軽に法律相談』リーフレット

https://www.takagi-law.or.jp/documents/takagi-law-leaflet-front.pdf

https://www.takagi-law.or.jp/documents/takagi-law-leaflet-inside.pdf

 

事務局ブログ/お米が好きです。

皆様ごきげんよう、ジムカタです。

唐突ですが私、大のお米好き。基本的に毎日の主食はご飯、主に地元栃木県産米です。

今年の新米も既に頂きましたが、大変美味しく、なかでも『とちぎの星』は印象的でした。そう、2年前の皇位継承に伴う大嘗祭へ採用された、栃木県が誇る純県産米なのです。

さっぱりした甘さが、おかずの味を引き立ててくれます。

 

栃木県は米生産量が全国でも10位以内に入るほどの、立派な米どころ。

お米以外の農産物も豊富で安く入手でき、野菜中心の食生活をしている私には最高!の住みやすさです(大学進学で上京、その後もしばらく都内に住んでいましたが、新鮮で安い野菜を買うことは相当に困難でした・・・)。

また稲作を中心とした農作物の生産は、食料自給率向上や、環境・景観の保全にも重要。色々な意味で、栃木県は力を持っていると思うのです。

私の周囲にも、栃木県の住みやすさや魅力を口にする人は大勢います。地元愛の強い人間からすると、巷をにぎわす「魅力度ランキング」なるものは謎です。

 

そんな我が愛する地元栃木県、昨年からのコロナ禍により学校給食用米などが大量に余ってしまったのか、『「栃木県民ごはんの日」プロジェクト』を実施中とのこと。

この飽きのこない美味しさを分かち合う仲間が沢山増えることを願いつつ、私は今日も、せっせと県産米を食しています。

 

弁護士ブログ/顧問契約のすすめ

1  30年ほど前の話で恐縮だが、当時顧問弁護士を置くことは、よく言えばステイタス、口汚く言えば用心棒(古いか?)代りとしての意味が大きかったのだと思う。つまり、対外的な体裁に重きがあり、社内環境の改善とか労務管理とかコンプライアンスの整備といった目的で弁護士を置く会社は稀であった。労働組合があるような大きな会社はともかく、社長と従業員とは良い悪いはともかく、戦前の親子関係みたいなもので、力関係において両者間に対立が生じる余地などなかった。

2 現在はどうか。もちろん、会社にはさまざまな業種があるが、昨今のit 技術の進歩に伴い昔に比べ取引の範囲は飛躍的に拡大し、見ず知らずの相手と取引関係に入る機会が増えたように思う。また、聞き慣れない取引関係用語などに触れた時、法律の専門家である弁護士に契約書等の書面の作成、チェックを依頼する必要性も高まってきたように思う。また、従業員と会社幹部、上司と部下との間で発生する、パワーハラスメントを中心とするハラスメント等の問題、従業員の解雇の問題など、会社内部における深刻な法律問題も、真面目に業績を上げようとする会社ほど直面しやすい課題となってきているように思う。

些細な会社内部の問題であっても、対応を誤ると、当事者従業員はもちろん、他の従業員の志気を下げることになるし、業績が悪化したり、会社自体の信用を落とすことにもなりかねない。

いずれにしろ、会社の健全な運営あるいは危機管理という観点から、恒常的な弁護士の指導、助言、つまり、顧問契約の有用性は益々高まっている。

3 取引先が数十万円の売掛金を払ってくれないが取立ての仕方がわからない、いつ消滅時効にかかるのか、取引相手から契約書を出されたが当方に不利な内容かどうかわからない、社員にセクハラやパワハラの研修を行いたいがどうやればいいのかわからない、こんなとき、頼りになるのが顧問弁護士だ。

会社が遭遇する法律問題は千差万別である。これに対応する弁護士の法的サービスも百人百様、オーダーメイドだ。画一的に処理できない問題を解決するのが弁護士の真骨頂だ。これが、弁護士が社会生活上の医師と言われる所以である。

大きな紛争に発展する前に解決する、紛争を予防するのも弁護士の大事な仕事である。

また、従業員がプライベートな法律問題に直面しているとき、会社の顧問弁護士に相談ができる仕組みになっていれば、従業員にも安心感を与え、会社に対する信頼も増すことに繋がる。

 

 詳しくは、当事務所のホームページをご覧いただきたい。

https://www.takagi-law.or.jp/documents/takagi-law-leaflet-front.pdf

https://www.takagi-law.or.jp/documents/takagi-law-leaflet-inside.pdf

 

事務局ブログ/水の玉

現在順調に育っている里芋とさつまいも。

 

収穫するのも楽しみですが、私のもう一つの楽しみは里芋の大きな葉っぱの上にある水の玉を眺めることです。

 

雨上がりに太陽の光が当たると水の玉がキラキラ輝いて綺麗です。

 

子供達は昔(たぶん幼稚園児の頃)この水の玉を「水虫」と呼んでいました。

「お母さん水虫がいっぱいいるね。」

と嬉しそうに眺めていた頃が懐かしい。

 

今ではもう水虫とは言いませんが、葉っぱの上の水の玉を見るたび、子供達の幼い姿を思い出し心が和みます。

  お問い合わせ