事務局ブログ/鎌倉時代に思いを馳せる

ごきげんよう、ジムカタです。日に日に空気も軽やかになり、ますます秋めいてきましたね。

先日9/10は十五夜。久しぶりに天候に恵まれた雲のない満月、いかにも初秋らしい月夜でした。

 

さて私、ただいまTV放送中の大河ドラマを毎週欠かさず視聴しています。

三谷幸喜脚本ということで非常にテンポが良く、歴史に疎い私でも飽きないうえに、物語の舞台は鎌倉を中心とした関東のため、栃木県民にとって聞きなれた地名が出てくることも、楽しめる理由です。

さらにそこから、地元にゆかりのある歴史上の人物に興味が沸き、先日は鎌倉幕府を支えた御家人の一人である(下野茂木郡の地頭であった)八田氏に関する書状が展示されるということで、茂木町にある『ふみの森もてぎ』へ行ってまいりました。

また足利市には、鎌倉時代に活躍した仏師 運慶の作と伝わる仏像が32年ぶりに展示されているようです。こちらも見逃すまじ、と週末の予定を調整しています。

今年は大河ドラマを入口として、日本の中世史に関する知識欲が高まっている私です。


  お問い合わせ