弁護士費用

刑事事件の弁護士費用

事件の内容 着手金 報酬金
起訴前 30万円以上
40万円以下
・不起訴、求略式命令
30万円以上 40万円以下
・無罪
50万円以上
起訴後 30万円以上
40万円以下
・刑の執行猶予、求刑された刑が減刑された場合、その他
30万円以上

(注)

  • 接見等で遠方に出張する場合、高木光春法律事務所の旅費・日当規定に基づき別途実費をいただきます。
  • 事案が複雑で労力を要する場合、ご相談により上記基準を超える金額を頂く場合もございます。

少年事件

事件の内容 着手金 報酬金
家庭裁判所送致前および送致後 30万円以上
40万円以下
・非行事実なしに基づく審判不開始
40万円以上
・その他
30万円以上

(注)

  • 接見等で遠方に出張する場合、高木光春法律事務所の旅費・日当規定に基づき別途実費をいただきます。
  • 事案が複雑で労力を要する場合、ご相談により上記基準を超える金額を頂く場合もございます。