あけましておめでとうございます,弁護士の尾畑です。

昨年末から引き続き厳しい状況での年明けとなりました。当事務所でも,マスクの着用,消毒液,アクリル板の設置,ビデオ通話対応など,感染防止対策を継続しています。

さて,今年は市内の就労継続支援事業所から正月飾りを購入しました。中央の黄色い魚の飾りは宇都宮に昔からある「黄ぶな」というマスコットです。大きな黄色いフナを食べたところ天然痘が治癒したという伝説から,無病息災を祈る意味があります。

就労継続事業所は,種々の障がいによりただちに通常の企業に就労できない方が,工賃や給料の支払を受けながら就労に向けたトレーニングを行う施設で,黄ぶなのマスコットも,一つ一つ手作りで製作されたものだそうです。

販売品の売り上げを通じて,利用者の自信や就労の一助になればと思います。

 


  お問い合わせ