代襲相続とはどういうことですか?

先日、祖父が亡くなりました。祖父の息子である私の父は、祖父より前に亡くなっています。祖父の財産を、私が相続することはできますか。

被相続人(祖父)が亡くなる前に、相続人(父)が既に亡くなっていたり、相続欠格事由や廃除により相続権を失っている場合は、その子ども(孫)が相続人(父)の代わりに相続することができます。これを代襲相続と言います。

代襲相続は、相続人の子どもや孫など、自分より後の世代の親族が行えます。
父(被相続人)→子→孫→ひ孫、という関係では、父が亡くなる前に子が既に亡くなっていたり、子が相続欠格事由や廃除により相続権を失っていた場合には、孫が祖父を相続できます。また、子と孫が死亡していた場合等は、ひ孫が祖父を相続できるなど、永遠に再代襲相続します。

代襲相続する場合とは

代襲相続は、以下のような場合に発生します。

  • 相続人が、被相続人が亡くなる前に死亡していた場合
  • 相続人に、相続欠格事由が生じた場合(被相続人の死亡の前後を問わない)
  • 相続人が廃除された場合(被相続人の死亡の前後を問わない)

なお、相続人が相続放棄した場合は、代襲相続は発生しないので注意が必要です。

高木光春法律事務所のサービス

相続や遺産分割の際には、相続人を確定させることは非常に重要である一方、代襲相続の発生時期などは、複雑な判断が求められるケースも少なくありません。高木光春法律事務所では、相続人の範囲や順位に関する仕組みを詳しくご説明し、代襲相続の範囲の確定などをサポートすることができます。代襲相続でお悩みの方は、高木光春法律事務所にご相談ください。